◆ 会社概要
社 名 株式会社エージーピー
事業概要 人材・組織コンサルティング事業
ソフトウェア開発・製作・販売事業
資本金 3000万円
設 立 昭和63年7月
代表者名 代表取締役社長 金野 剛
加入法人会員 経営行動科学学会
人材育成学会
日本人事テスト事業者懇談会
取引銀行 みずほ銀行
所在地
本社・研究所 〒341-0044 埼玉県三郷市戸ヶ崎 1-103 AGP本社
東京支社 〒105-0004 東京都港区新橋 2-20-15 新橋駅前ビル
▼ 基本姿勢
「誰もが納得する方法論で、誰もが了解する事象を合理的に解決していく」を基本姿勢と しております。専門的・学術的理論とは別に、お客様からいただくご意見やユーザーから のデータを集約し、時代にマッチしたエンドユーザー重視のシステムを完成させています。 開発する全てのシステムは皆様のご協力によって生まれた「共同の産物」といえます。

◆ 沿革
S61(1986) 慶應義塾大学、信州大学の講師を研究所長として、心理検査の研究開発を主体とした行動科学分析研究所を開設。
S62(1987) MS-DOS 版プロトタイプ CUBIC 適性診断システム完成。財団法人生涯学習開発財団の協力により、MS-DOS 版 LL 式生涯学習適性診断システムが完成。翌年より全国生涯学習フェスティバル「まなびピア」の文部省(現文部科学省)ブースより毎年出展。
S63(1988) 企業及び各種法人、団体より様々な調査・分析依頼を受け、それに伴い、企業診断や心理検査の研究開発が進み、組織化の必要性が生じた為、株式会社エージーピーを設立。
H02(1990) 当研究所の人材分析手法、組織診断手法やマーケティング理論が、NHKをはじめとするマスコミに取り上げられる。
H05(1993) LL式生涯学習適性診断システム バージョン 2 完成。
H06(1994) 人材・組織診断システム CUBIC Windows 版 完成。
H10(1998) CUBIC 採用専用バージョンとして能力検査を追加。
H11(1999) 東京支社、大阪営業所を設立。CUBICの総出荷台数が1,000を超える。販売先企業には毎年ユーザー会としてセミナーや個別研修を実施するなど充実したフォロー体制を整備。
H12(2000) 人事異動基準・採用基準策定手法確立。
H14(2002) CUBICの総出荷数が2,000を超える。
H15(2003) 官庁、金融機関をはじめとする組織調査を機にコンサルティング業務を強化。
H17(2005) 中国政府関連機関(大連市国際人材交流協会日本事務所及び大連市ソフトウェア産業日本事務所)の依頼により、中国版適性検査の開発に着手。
H18(2006) CUBIC中国版適性検査として完成 。大連市スイスホテル、永田町海運会館での「中国版適性検査セミナー」、JETRO主催「中国ビジネス実務セミナー」などでの案内を開始。中国・上海で「2007中国人力資源博覧会(CHINA HR EXPO2007)」に中国版適性検査を出展。企業向け適性検査として脚光を浴び人気ブースとなる。
H19(2007) 業界別適性検査・組織診断の開発に着手。コミュニケーション及び組織人員効率調査システムの開発に着手。チーム編成診断システムの開発に着手。
H19(2007) 医療系・人材組織診断システムの開発を開始。
「経営革新計画(東産労 第270号)19年12月13日承認」
H19(2007) 会社案内映像、人材・組織分析、採用基準策定、エントリーシステムを連動させた「採用母集団形成システム」の開発を開始。
「経営革新計画(東振 第85号)20年5月19日承認」
H21(2009) 能力検査の科目追加、カラー帳票の追加、ユーザビリティの向上を実現させたCUBIC2009バージョンを発表。同時に東京と大阪の二ヶ所でユーザー会を開催。
Web対応適性検査「tanΘ(タンジェント)」の販売を開始。
中小企業向けCUBIC「CUBIC.NET」を開発、販売開始。
H22(2010) 医療系・人材組織診断システム「CUBIC for Medical(C-Medi)」の販売開始。
求人サイト内に共同開発した職務適性検査を掲載。
H23(2011) リスク診断システムの共同開発に着手。
H24(2012) ストレス耐性診断に特化したCUBICオプションの販売開始。
現在まで CUBICの出荷数は3500セット以上の実績。