CUBIC
CUBIC.NET
tanΘ(CUBIC Web版)
CUBIC 中国版適性検査
CUBIC for Medical
(C-Medical)

生涯学習適性診断システム
お問い合わせ
販売協力企業募集
個人特性分析
■ 組織活性化と人材育成
人にはいろいろな個性があり、能力、性格にも特徴があります。そして各人がその特性に 応じて、自分に適した分野の仕事を受け持つことが、本人にとっても組織にとっても望ま しいことです。

しかし、人の性格や能力を知ることは難しく、ましてや採用場面の僅かな時間の面接では 十分に理解することはできないとされています。

その点、個人特性分析は、20、30分程度の検査時間で、個人の資質を多面的に把握し、採 用判定等の際に客観的資料としてお役に立ちます。
■ 個人特性分析の測定領域
個人特性分析は、下記の4つの領域から構成されます。
測定領域 測定対象
性格・個性面 どういう性格、パーソナリティか。気質、態度、性格などの比較的固定的なもの
興味・価値観 どういう関心事、興味領域を持っているか。生活の態度
社会性 基礎的な職場での行動特性
意欲・ヤル気 どういうことに意欲、ヤル気を出すか。基本的欲求、社会的欲求
▼ 活用例
- 採用選考時の参考資料として
- 配置・異動のための資料として
- チームビルディングのための資料として
評価結果は、採用での面接資料、社員把握と能力開発から組織分析の基盤データの1つと して活用されます。
サンプル帳票


分析結果は、数値やデータの無秩序な羅列ではなく、本人の特性を多面的に評価し、全体 像を具体的にイメージできるようにビジュアル的に表現され、専門家レベルの出力を維持 しながら誰にでも理解できるように構成されています。
■ フィードバックツール(自己分析シート)
個人特性分析は、採用や能力開発等の際に活用することを目的としたシステムのため、評 価する側の観点から直接的な表現になっています。

このフィードバックツールは、個人特性分析の結果を本人にフィードバックし、気づきを 与えるためのものです。

自己分析シートは、各々の因子について細かく見るのではなく、受検者が自分の弱み・強 みを簡単に理解できるように、職場場面での行動や自己評価との比較などを間接的かつビ ジュアル的に表現してます。
▼ 活用例
- 本人の強み・弱みの再認識、改善方法の掲示
- 研修と組み合わせたフィードバックの資料として
- 自己理解を深めるための資料として
サンプル帳票


▲上に戻る